blocco blog

blocco blog

ブロッコ・デリの種々雑多な調子。

iPhoneアプリ「キシャバタロット」が”iPhone APP CREATOR’S FILE”に掲載されました。

2011-07-05(Tue) 14:40

投稿者: kisocci

先月刊行されました、iPhone APP CREATOR’S FILE(馬渡徹郎/ディーフォース株式会社著・翔泳社発行・ISBN978-4-7981-2359-2)にて、キシャバタロットをリリースした弊社をアプリクリエイター厳選160選のひとつとして紹介いただきました。ありがとうございます!

そして本日は都内某所にて掲載社(者)の交流会が開催されるとのことで参加してまいります〜。

弊社では引き続きキシャバタロットのバージョンアップや、沖縄ロケ地アプリのバージョンアップ、
さらにいくつか看板となりうるオリジナルアプリも開発中です。今後のリリースにご期待ください。

DSC_0373

DSC_0376

page URL

comment/trackback(0)

真栄平商店はじめまーす。がらがらがら〜。

2011-06-29(Wed) 10:16

投稿者: kisocci

「がらがらがら〜」というシャッター音ではじまるUstream番組「真栄平商店」のお手伝いを4月よりしております。

真栄平商店」とは、沖縄テレビ「ひーぷー☆ホップ」などでおなじみ、ひーぷーさんを店長に、構成作家キャンヒロユキさん、脚本家はっとーさん、CMディレクター福永☆周平さんと、県内最強のエンタメブレインを揃えてお届けする「何でもプロデュース」Ustream番組です。毎週水曜日21時より浦添のてぃーだスクエアさんから生中継しています。これまで「島豆腐」などの沖縄食材をプロデュースしたり、はたまた「石敢當」までプロデュースしたり、県内の方にもディープな話題を、また県外の方にも沖縄のファンになっていただけるよう沖縄カルチャーの魅力を楽しくお届けしています。これまでの放送をすべて録画公開していますので、初めて耳にした方も是非ご覧頂きたいと思います。

この番組は、てぃーだスクエアさんと弊社でサポートさせていただいています。
てぃーだスクエアさんは、場所を提供いただくとともに、多くの観覧客を収容し、実際に人の集まる場としてリアルの面で協力しています。
一方ブロッコ・デリでは毎週社員二人ずつもちまわりで同行しての配信のお手伝いと、ウェブサイトなどインターネット上でのプロモーションのお手伝いをしています。
私たちはインターネットとインタラクションデザインを活用して情報を人から人へ届けるお手伝いをすることを主業としています。真栄平商店のみなさんからUstream番組の企画についてご相談をいただいたとき、ふたつ返事で協力させていただくことにしました。また、放送のお手伝いをさせていただくとともに、回を重ねる度に私たちもカメラやUstream Producer(配信ソフトウェア)のセッティングを試行錯誤し、Ustreamノウハウの蓄積に努めています。

そして、おかげさまで本日で3ヶ月13回目、いわゆる1クールの節目となりました。番組としての形はかなりできあがってきましたので、今後はスポンサーを獲得しさらにおもしろく、質の高い番組にしていきたいと考えています(映像品質をあげるために装置にももう少しお金をかけていきたいですし)。

弊社ではUstream中継のご相談を承っております。商品のプロモーション、トーク番組、ソーシャルメディアとの連携など、ご一緒に番組をつくっていけるようなご相談大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

まずは本日21時の放送をご覧下さい! @maehira_storeのフォローもお忘れなく。

真栄平商店 みんなでセッティングの確認

初期の頃、セッティングの確認中。

真栄平商店 配信スタッフはカメラのすぐ裏にいます

我々はカメラのすぐ裏側でモニタリング。

真栄平商店 初代菜箸コントローラ付きウェブカメラ

今はなき、初代菜箸コントローラつきウェブカメラ。

真栄平商店 観覧客重視の配置へ

最近は観覧体制も充実。後ろの方にも見えるよう、モニター完備です。

真栄平商店 観覧客も増えてきました。最近は立ち見も。

観覧多いです。最近は立ち見も出ています。近隣の方、是非現場へもお越し下さい。

page URL

comment/trackback(0)

沖縄ロケ地アプリ、バージョンアップしました。ニライの丘、ホテルハイビスカスを収録!

2011-06-18(Sat) 00:46

投稿者: kisocci

沖縄フィルムオフィスさんの沖縄ロケ地アプリ、バージョン1.3にあがりました。
沖縄で撮影された映画、ドラマ、PVで使われたロケ地をマップで案内してしまうアプリ。好評頂いております。

ニライの丘、ホテルハイビスカスの二作品を新たに収録しています。
また、既に収録してあった作品やロケ地についても写真を拡充しています。
中でも好評の(そこに行かないと撮れない)顔穴看板カメラがiPhone4に対応!フロントカメラでも撮れるようになりましたので一人旅でも安心です(?)。
無料ですので是非お試しくださいー。

沖縄ロケ地アプリ

沖縄ロケ地アプリ

沖縄ロケ地アプリ

沖縄ロケ地アプリ

page URL

comment/trackback(0)

縦型HD

2011-05-09(Mon) 23:36

投稿者: kisocci

中村勇吾さんのthaが、縦型HDのサインパネルといったらいいのかな、FRAMED*を公開しましたね。Flash,Processing,openFrameworksなどをサポートしていますので、いろいろなビジュアルムービーを表示できそうで楽しみです。

そして、時を同じくして、動画共有サイトvimeoが、”tallscreen”として縦型HDをフィーチャーしています。先日発表されたvimeoのiPhoneアプリでは、iPhoneを縦型のまま動画撮影できるようになっており、なかなか新鮮な表現手法となっています。しばらく縦型HDの表現が模索されそうなので、自分もiPhone4+vimeoでいろいろ撮ってこの画角を感じてみたいですね。

また、液晶モニタやガラス面をタッチパネル化するInteractiveFoilでも、縦型で使うことが実は少なくありません。銀座のVelvia館では、液晶モニター4面縦使いで、それぞれにInteractiveFoilを取り付け、操作可能なフロアガイドを実現しています。

モニタが50インチくらいになってくると、横型で設置した場合に人間のパーソナルスペースからはみ出るんですよね。他の人が隣に入って来れるスペースが存在する。でも、50インチを縦使いすると画面の幅がちょうどパーソナルスペースくらいになり、脇に他人が入ってきにくい空間になります。このようなインタラクティブコンテンツは、公共の場であってもなんとなしにパーソナルな区切りがないとなかなか人を呼び寄せるのが難しいようです。銀行ATMではないですが、操作しているところをあまり広く見られたくない、もしくはある一定の半径(パーソナルスペース)に他人が入ってきてほしくないという心理があると思います。

そのような観点からもしばらく縦型HDの表現をさぐっていきたいと思います。

page URL

comment/trackback(0)

頑張れ琉球ニライ大学!

2010-11-30(Tue) 19:50

投稿者: komaki

琉球ニライ大学は、東京のシブヤ大学の姉妹校として開校しました。関係者のみなさんは、もうこの開校に向けて一年以上の準備と計画を経ての開校の運びです。本当におめでとうございます。でも、これからですね。楽しみにしています。

ブロッコデリでは、今回の琉球ニライ大学の開講にあたり、受講申し込みのシステムでサポートさせていただきました。

本大学は、街全体、ここ沖縄では島全体がキャンパス。誰もが学生、誰もが先生。たくさんの、そしてバラエティあふれる講座が開かれます。

今回の開校記念に先立って、11講座が開かれ、その1講座が私の「情報整理術」の講座でした。

琉球ニライ大学

私の講座が開かれた教室は那覇市パラダイス通りにある「カフェプラヌラ」。

琉球ニライ大学

講座名、「web流」なんて冠にあったけど、そんな大層なことはしてません。情報を出し尽くして、それをカテゴライズして整理する。そして、そこから見えない情報を見つけ出す。それを簡単にレクチャーしただけの2時間でした。

そして、会議のモード(状態)をお互いに知りながら、感じながら進めていく方法を体験していただきました。その体験をもとに、今度は教室としてお借りしている「カフェプラヌラ」さんのWebサイトを作るなら!(仮想)をテーマに企画会議を行っていただきました。

琉球ニライ大学

普段、12時間かけて行うワークを、はしょってはしょっての2時間講座。たぶん、脳みそ使いすぎて、終わる頃はものすごくお腹が空いたのではないでしょうか(笑)。

このワークは、実際の現場でもよく使います。もちろん、この講座で繰り広げられた以外のツールや手法はまだまだあります。制作現場だけではなく、お客さまとも一緒になって行なうことも。お客さまの状態にあわせて、セレクトしています。
わたしたち「情報」を扱う身においては、まずはコレをしなくては、デザイン業務、開発業務に落とし込めません。

先述のとおり、琉球ニライ大学は、誰もが学生、誰もが先生。そして、老若男女どんな人でも無料で受講できる大学です。

そして、琉球ニライ大学は、正規の学校法人ではありません。NPO法人です。そこで何かの学位が得られたり、高等教育を受けるものではありません。でも、そこには地域を巻き込んだ大きな教育が行われているのは確かです。

街の暮らし、空気、歴史、ビジネス、アート、デザイン、サイエンス、たくさんのジャンルから成り立つ、そしてジャンルの壁はまったくない。まさに全身で学ぶ大学。

たくさんの大人と子供が、若者と年配者が混ざって、多くを同じテーブルで語り合う。教育の軸、原点がそこに出来てくるのではないかなと感じました。

開校式を終えて、これから毎月第三日曜日は、琉球ニライ大学の日。

もっともっと多くの人の支援と参加を期待したい。私たちも、そのお手伝いが出来たらと思っています。

もっともっと元気な琉球ニライ大学の今後に期待!

page URL

comment/trackback(0)

ワタシとボーニーの密かな野望、そしてNo.20完成へ。

2010-10-27(Wed) 11:33

投稿者: toguchi

ワタシとボーニーには密かな野望がありました。それは!

KAMI-GAKARIへ出展することでした!」

KAMI-GAKARIとは

紙の可能性を探る企画展。県内クリエイターが「紙係」として、紙の魅力を伝えるイベントです。

弊社もウェブサイトでお手伝いをさせていただいております。
「紙の可能性を探る」って全身紙でできているボーニーにとってはうってつけの展覧会ではありませんか!
しかし残念ながら、クリエイターでも何でもないワタシと、未だ1人前にもなれていないボーニー。お声をかけていただくはずもなく(笑)。非常に無念です。
今年のテーマはなんと「Dress up」。ポスター、フライヤーともに、まーなんとかわいらしいのでしょう!フライヤーはその愛らしさ、凝った作りから大人気だそうです。

うぬーー。

そこで!「一人KAMI-GAKARI展」決行です!KAMI-GAKARIの今年のテーマが「Dress up」なら、こっちは徹底した「Undress」だ!
ボーニーよ、そのステキな肉体を(あ、しまった。肉はないや(笑))皆様に披露して差し上げなさい!
ということで、ブロッコ・デリ内で「一人KAMI-GAKARI展」やってます(笑)。皆様のご来場をココロよりお待ちしております。

さて、肝心の進捗状況ですが、長管状骨および球体関節の難所をクリアしたのち、ボーニーはあっけなく仕上がってしまいました。

じゃじゃーん!完成〜〜!!

馴れ馴れしい新人。

(馴れ馴れしい新人君。 横でkomakiさんが吊ってます。
ボーニーとっても痩せてるから一緒に写るのヤダ。)

さて、新人君の初仕事は一体何になるのでしょうか?
これからどんな活躍を見せてくれるのか乞うご期待です。
皆様今後ともボーニーをどうぞよろしくお願いいたします。

page URL

comment/trackback(0)

大きなパーツの罠。

2010-10-18(Mon) 10:31

投稿者: toguchi

前回のブログで、「勝ったも同然」と豪語しましたが、謹んで訂正いたしましす(笑)。

大きなパーツ、というより「長い骨(長管状骨)」というのは組み立てが難航しました。というのは、紙を筒状にして最初にはめる「ベロ」がなかなかはまってくれないのです。上腕骨2本、尺骨2本、橈骨(とうこつ)2本、大腿骨2本、腓骨2本、脛骨2本と12本も経験すればいい加減にコツが分かってくるのですが、最初に手がけた上腕骨は無残な傷跡を残してしまいました(ようはまた破れた(笑))。ワタシの後輩にお会いの際は、左上腕骨をまじまじと眺めるのはどうかご遠慮下さい。

長管状骨の第一の難所組み立てのコツは「片手にベロを、反対の手に切り込み側を持ち対角線上に引っ張って擦り合わせる感じ」です。(注!ボーニーの組み立てに携わらない限り全くどうでもいい情報です。)

そして第二の難所。それは大腿骨、上腕骨に見られる「まあるい骨頭」。そもそもなんで平面の紙で無理して球体を作る必要があるのか?と思わずツッコミを入れてしまいたくなる難所です(ボーニーの存在を全否定するツッコミ(笑))。紙が割と硬くて厚いせいか、なかなかウツクシイ球状にはなってくれません。しかし、コチラも合計4箇所ありますので、 最後の1つを仕上げる頃にはプロ級になってます(何のプロ?(笑))。あとで気がついたのですが、組み立て前に予め紙をしごいて丸みをつけていればもっとウツクシク仕上がったかもわかりません。

球体関節。ムチャだ。

(大腿骨頭。遠くから目を細めて見てみましょう。キレイに見えます。)
完成まであと少し。

page URL

comment/trackback(0)

iPhoneアプリのムック本でキシャバタロットが紹介されました。

2010-09-17(Fri) 13:28

投稿者: kisocci

DSC_0017.jpg
2010.9.16発売の「iPhoneアプリ&ツールガイド iOS4&iPhone4」にて、キシャバタロットが紹介され、「編集部オススメ」印をいただきました。

「とびきりキュートなタロットで占おう☆」との見出しで紹介いただいています。
保存機能、Tweet機能にも触れていただき感謝です。

今後ともご愛顧をお願い致します。

※表紙ではアイコン画像をかなりいいところに置いてもらえました。
※ただいま、iOS4.1対応・Twitter機能の改訂版を準備中です。まもなくリリースですのでお待ちください。

page URL

comment/trackback(0)

手間がかかるのは上半身だけでした。

2010-09-16(Thu) 17:31

投稿者: toguchi

我が後輩ボーニーを組立て始めてから2ヵ月が経過しました。

最難関の肋骨を無事に(一部やぶっちゃったけど(笑))終え、腰椎1個1個をちまちまコツコツと作成していました。

腰椎と椎間板。 この反り具合がいのちです。腰椎。

(写真左:腰椎と椎間板パーツ。写真右:それを積み上げてみました、の図。)
「ちゃんと完成する日が来るのだろうか?」そんな不安もよぎっていたのですが、意外や意外。これらのパーツを合わせていくとボーニーはあっさりと人間らしい形を見せ始めました。

それが、こちら。

ホラー映画のワンシーン。

どぉでしょう?この堂々たるお姿。

なかなか美しいではありませんか!(遠目に見ると荒がめだたないもんな。)

よくよく考えると小さい骨が入り組んでいるのは、上半身と手首、足首ですね。しかもボーニーでは手首足首の骨はずいぶんと簡素化されているので組み立てる必要はないのです。(もしこれらを組み立てなければならないとすれば、ワタシはまた暴れることになり、ボーニーが完成する日は永遠にこないでしょう。西村書店さん作り手の気持ちをよくお察しで…。)

下半身は大きな骨のパーツが続きます。
ゆえに、ここまで来ればもう勝ったも同然(本当か!?)

後半戦へスパートをかけていきたいと思います。目標は例の紙の展覧会! いざ!

page URL

comment/trackback(0)

ボーニー(ミニミニ)

2010-09-02(Thu) 15:10

投稿者: toguchi

今日は腰椎を一つ。
小さいながらも存在感がありますね〜。

この微妙な曲線を出すためなのか、小さいながらも難しく。
15分も格闘してしまいました。

腰椎の曲線美。 上からショット。

page URL

comment/trackback(0)

画面トップへ