blocco blog

blocco blog

ブロッコ・デリの種々雑多な調子。

ま〜るいマルチタッチFTIRテーブル試作(前編)

2009-05-27(Wed) 22:41

投稿者:

最近は日本でもFTIRの話題が増えてきました。

FTIR(Frustrated Total Internal Reflection)とは、アクリル板と赤外線の全反射の性質を利用したマルチタッチ認識方法。
アクリル板の横壁から赤外線を照射して全反射を利用して赤外線をとじこめます。アクリル板表面の指で触れたところだけ全反射が崩れて赤外線がアクリル表面から飛び出します。もれた赤外線をウェブカメラなどをつかって撮影し、その画像のコントラストから指の位置を割り出します。マウスのように手とポイントが一対一の対応するのではなく、画像全体のコントラスト(斑点模様)から認識しますので、複数のポイントを同時に認識することができるというわけです。

このFTIR方式によるマルチタッチ入力装置/アプリケーションは、Adobe MAX Japan 2009(2009年1月29,30日開催)ではFLASH OOPさんの展示でもありましたので実際にご覧になった方も多いのではないでしょうか。

また、FTIRテーブルの制作方法はすでに2,3年前からネット上であきらかにされています。
http://lowres.ch/ftir/
http://www.digitalstratum.com/programming/ftir_build
http://www.ehow.com/how_4559676_build-multitouch-ftir-table.html
FTIR multi-touch display how-to guide(PDF)

さらにFTIR方式に限らず、同じ赤外線を使うDI形式やその他マルチタッチ技術全般については、nui group communityなどで今も活発な情報交換がなされています。

このように数年前から現在もなお、まだまだホットなマルチタッチの分野。マルチタッチをハンドリングするソフトウェアとしてtBetaといったものもでてきており、ますます簡単にマルチタッチ環境をDIYすることができるようになりました。

そんな折、ブロデリではちょっと毛色の違うFTIRの試作をしてみました。

「円卓&コンパクト」

たまたまDIYショップで見つけた直径10cmの円形のアクリル版と、使うあてもなく衝動買いしたポケットプロジェクタ「Optoma PK101」。
Round Acrylic BoardOptoma PK101

これらを使って、手の平にのる、ま〜るいマルチタッチテーブルをつくってみたいと思います。

(さらに…)

page URL

comment/trackback(75)

社内で、in house Flash Flavor をやっています。

2009-05-26(Tue) 12:15

投稿者:

in house Flash Flavor

毎朝のミーティングの後、30秒のプレゼンテーションをしている話をしました。
それの延長と技術交流も交えて、社内では持ち時間30分の「in house Flash Flavor(略してin FlaFla)」を開催しています。不定期開催ですが、なるべく全員が揃う日時を選び、月に4度から8度程度という頻度で開催。もちろん、持ち回りで全員が発表者になります。

私たちメンバーは、エンジニア、デザイナー、ディレクターとそれぞれのパートに別れているので、お互いの技術の交流が必須です。

「(自分が)出来なくてもいいから、(相手の技術を)知っておく」

を、モットーに最近から30分持ち時間で始めました。

自分の範疇ではないパートでなくとも、相手の仕事内容を知っておくことは、チームで仕事をする上で、非常に大事になります。もちろん、お客さまの先でもそれは存分に発揮でき、誰かがいないと話が進まない。ということが減るのです。

だいぶ以前に始めたときは、週に一度一時間という時間を区切っていたのですが、発表者も参加者も時間の調整が難しく、続かなくなりました。そこで、30分に区切ってみると、打合せの合間だったり、朝のミーティングに時間を作っておき、発表者もその準備に時間を大きく避けられることがなくなりました。

と、いうことで、先日はkisocciが発表者。

in house Flash Flavor

以前(かなり以前 笑)に参加した、Adobe MAX 2009 の話題も織り交ぜながら、Flash Player 10 や、プログラミングにおけるロジカルシンキングの話を4回シリーズ(30分×4回=2時間)にして、まとめました。

次回は、エンジニアのyamaさんが、Google Map API や、Ajax のネタをもとに in FlaFla します。

page URL

comment/trackback(0)

画面トップへ