blocco blog

blocco blog

ブロッコ・デリの種々雑多な調子。

ワタシとボーニーの密かな野望、そしてNo.20完成へ。

2010-10-27(Wed) 11:33

投稿者:

ワタシとボーニーには密かな野望がありました。それは!

KAMI-GAKARIへ出展することでした!」

KAMI-GAKARIとは

紙の可能性を探る企画展。県内クリエイターが「紙係」として、紙の魅力を伝えるイベントです。

弊社もウェブサイトでお手伝いをさせていただいております。
「紙の可能性を探る」って全身紙でできているボーニーにとってはうってつけの展覧会ではありませんか!
しかし残念ながら、クリエイターでも何でもないワタシと、未だ1人前にもなれていないボーニー。お声をかけていただくはずもなく(笑)。非常に無念です。
今年のテーマはなんと「Dress up」。ポスター、フライヤーともに、まーなんとかわいらしいのでしょう!フライヤーはその愛らしさ、凝った作りから大人気だそうです。

うぬーー。

そこで!「一人KAMI-GAKARI展」決行です!KAMI-GAKARIの今年のテーマが「Dress up」なら、こっちは徹底した「Undress」だ!
ボーニーよ、そのステキな肉体を(あ、しまった。肉はないや(笑))皆様に披露して差し上げなさい!
ということで、ブロッコ・デリ内で「一人KAMI-GAKARI展」やってます(笑)。皆様のご来場をココロよりお待ちしております。

さて、肝心の進捗状況ですが、長管状骨および球体関節の難所をクリアしたのち、ボーニーはあっけなく仕上がってしまいました。

じゃじゃーん!完成〜〜!!

馴れ馴れしい新人。

(馴れ馴れしい新人君。 横でkomakiさんが吊ってます。
ボーニーとっても痩せてるから一緒に写るのヤダ。)

さて、新人君の初仕事は一体何になるのでしょうか?
これからどんな活躍を見せてくれるのか乞うご期待です。
皆様今後ともボーニーをどうぞよろしくお願いいたします。

page URL

comment/trackback(6)

大きなパーツの罠。

2010-10-18(Mon) 10:31

投稿者:

前回のブログで、「勝ったも同然」と豪語しましたが、謹んで訂正いたしましす(笑)。

大きなパーツ、というより「長い骨(長管状骨)」というのは組み立てが難航しました。というのは、紙を筒状にして最初にはめる「ベロ」がなかなかはまってくれないのです。上腕骨2本、尺骨2本、橈骨(とうこつ)2本、大腿骨2本、腓骨2本、脛骨2本と12本も経験すればいい加減にコツが分かってくるのですが、最初に手がけた上腕骨は無残な傷跡を残してしまいました(ようはまた破れた(笑))。ワタシの後輩にお会いの際は、左上腕骨をまじまじと眺めるのはどうかご遠慮下さい。

長管状骨の第一の難所組み立てのコツは「片手にベロを、反対の手に切り込み側を持ち対角線上に引っ張って擦り合わせる感じ」です。(注!ボーニーの組み立てに携わらない限り全くどうでもいい情報です。)

そして第二の難所。それは大腿骨、上腕骨に見られる「まあるい骨頭」。そもそもなんで平面の紙で無理して球体を作る必要があるのか?と思わずツッコミを入れてしまいたくなる難所です(ボーニーの存在を全否定するツッコミ(笑))。紙が割と硬くて厚いせいか、なかなかウツクシイ球状にはなってくれません。しかし、コチラも合計4箇所ありますので、 最後の1つを仕上げる頃にはプロ級になってます(何のプロ?(笑))。あとで気がついたのですが、組み立て前に予め紙をしごいて丸みをつけていればもっとウツクシク仕上がったかもわかりません。

球体関節。ムチャだ。

(大腿骨頭。遠くから目を細めて見てみましょう。キレイに見えます。)
完成まであと少し。

page URL

comment/trackback(3)

画面トップへ