blocco blog

blocco blog

ブロッコ・デリの種々雑多な調子。

縦型HD

2011-05-09(Mon) 23:36

投稿者:

中村勇吾さんのthaが、縦型HDのサインパネルといったらいいのかな、FRAMED*を公開しましたね。Flash,Processing,openFrameworksなどをサポートしていますので、いろいろなビジュアルムービーを表示できそうで楽しみです。

そして、時を同じくして、動画共有サイトvimeoが、”tallscreen”として縦型HDをフィーチャーしています。先日発表されたvimeoのiPhoneアプリでは、iPhoneを縦型のまま動画撮影できるようになっており、なかなか新鮮な表現手法となっています。しばらく縦型HDの表現が模索されそうなので、自分もiPhone4+vimeoでいろいろ撮ってこの画角を感じてみたいですね。

また、液晶モニタやガラス面をタッチパネル化するInteractiveFoilでも、縦型で使うことが実は少なくありません。銀座のVelvia館では、液晶モニター4面縦使いで、それぞれにInteractiveFoilを取り付け、操作可能なフロアガイドを実現しています。

モニタが50インチくらいになってくると、横型で設置した場合に人間のパーソナルスペースからはみ出るんですよね。他の人が隣に入って来れるスペースが存在する。でも、50インチを縦使いすると画面の幅がちょうどパーソナルスペースくらいになり、脇に他人が入ってきにくい空間になります。このようなインタラクティブコンテンツは、公共の場であってもなんとなしにパーソナルな区切りがないとなかなか人を呼び寄せるのが難しいようです。銀行ATMではないですが、操作しているところをあまり広く見られたくない、もしくはある一定の半径(パーソナルスペース)に他人が入ってきてほしくないという心理があると思います。

そのような観点からもしばらく縦型HDの表現をさぐっていきたいと思います。

page URL

comment/trackback(4)

画面トップへ